基本のサプリでホットフラッシュ対策

基本のサプリはホットフラッシュ対策に効果が実感しやすいと口コミで大評判。

 

 

あなたはもう、試してみましたか?

 

 

まだの方は こちらから半額情報をチェック!<<

 

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

 

ホットフラッシュほてりのぼせといった更年期特有の症状に

 

 

基本のサプリで 本当に対策ができるの?

 

基本のサプリの何がホットフラッシュにいいの?

 

ホットフラッシュはいつまで対策すべき?

 

といった疑問も徹底検証しています。

 

 

更年期のホットフラッシュ対策に 基本のサプリを検討している方は 是非参考にしてみて下さいね!

 

 

ホットフラッシュには基本のサプリ

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

更年期世代の女性にとって、体調などの悩みは尽きないものですよね。

 

その中でも一番気になるのがホットフラッシュ

 

ホットフラッシュはのぼせ、ほてりとも言われる更年期特有の症状で、急に体がほてるだけでなく大量の汗が出やすく日常生活に支障を感じる方も多くなっています。

 

 

このホットフラッシュ対策に 効果が実感しやすいと口コミで話題なのが基本のサプリ。

 

 

基本のサプリの主成分は 更年期に減少してしまう女性ホルモンと似た働きをする大豆由来のイソフラボン。

 

女性ホルモンそのものではないので、副作用などの心配ナシでホットフラッシュ対策ができると いま口コミで大人気。

 

しかも、腸で吸収しやすいアグリコン型イソフラボンが使われているので効果がいちはやく実感しやすいことでも定評があります。

 

 

基本のサプリは 大豆イソフラボンだけでなく 独自の技術でぶどうの種子から抽出したポリフェノールも配合。

 

抗酸化作用で ホットフラッシュに悩む更年期女性の体のさびつき対策効果も期待できます。

 

 

そんな基本のサプリが 今なら初回限定で半額キャンペーン中

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

 

手軽にホットフラッシュ対策を始めたい!という方、今がチャンスです!

 

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

 

 

 

ホットフラッシュとは

 

更年期世代から気になるのが 体の急なほてりと大量の汗。

 

このホットフラッシュ、いつ急に汗が出るかわからないので 外出するのがおっくうになったり、人と会うのを避けるようになったりするなど 日常生活に支障が出る場合もあります。

 

また、ホットフラッシュが就寝中に起こるようになると、大量の発汗で夜中に目が覚めてしまうようになります。

 

時には何度も目が覚めるようになり、翌日の家事や仕事にも影響が出てしまいます。

 

 

そんなホットフラッシュですが、基本のサプリで対策する人が増えています。

 

なぜ基本のサプリがホットフラッシュ対策になるのでしょうか?

 

まず ホットフラッシュが起こる原因について調べてみましょう。

 

 

ホットフラッシュの原因は?

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

更年期特有のホットフラッシュ、その原因は更年期に女性ホルモンが急激に減少することにあります。

 

 

女性ホルモンは 20代から30代にかけてもっとも分泌量が増えますが、その後40代以降は急激に減少してゆきます。

 

この減ってしまう女性ホルモンのエストロゲンには、自律神経をサポートする働きがあります。

 

 

自律神経には 血管収縮の調整などをする役割がありますが、女性ホルモンが減少することで調整に影響が出てしまいます。

 

それにより 顔がストーブに当たったように熱くほてってくる、大量の汗をかく、というような症状が出やすくなるのです。

 

 

医療機関では、この減ってしまったホルモンそのものを充填するという治療法が行われています。

 

効果的な治療法である反面、ホルモン療法には副作用などの心配があることでも知られています。

 

そのため踏み出せない、という方も多いのではないでしょうか。

 

そこで活用したいのが 大豆イソフラボンが主成分の基本のサプリなのです。

 

 

ホットフラッシュ対策には基本のサプリがおすすめ

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

基本のサプリは大豆イソフラボンアグリコンが主成分。

 

この大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た構造を持つことで知られています。

 

そのため 更年期世代に減少する女性ホルモンの代わりに役立つ成分と考えられています。

 

 

つまり、更年期世代の女性が毎日摂取することで ホットフラッシュなどの更年期特有の症状改善に効果が期待できるのです。

 

 

大豆イソフラボンは大豆食品にも含まれていることで知られています。

 

ですが、豆乳やお豆腐といった食品から摂れるイソフラボンは体内での吸収率があまりよくありません。

 

基本のサプリは この大豆イソフラボンの中でも、より腸で吸収されやすいアグリコンというタイプのものが主成分。

 

飲んでから 効果が実感しやすいことでも話題になっているのです。

 

また、基本のサプリの大豆イソフラボンアグリコンは女性ホルモンそのものではありません。

 

ですので 病院でのホルモン療法などに抵抗感がある方や 副作用が心配な方も安心して活用できます。

 

詳しくは 基本のサプリに副作用はあるの? もご参照ください。

 

 

 

基本のサプリでホットフラッシュ対策に必要な期間はいつまで?

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

ホットフラッシュは、約10年ほどの更年期の間、個人差がありますが そのうちおよそ5年間の間に起こりやすくなる方が多いようです。

 

長い方ですと10年以上も続く場合があるホットフラッシュですが 基本のサプリで対策する場合 まずはどれくらいの期間続けるのがベストでしょうか?

 

基本のサプリの主成分である大豆イソフラボンアグリコンは、飲み始めて2〜4カ月続けることで ホットフラッシュへの効果が実感しやすくなると考えれられています。

 

ですのでホットフラッシュ対策で基本のサプリを活用する場合は、まずは2か月程度は続けてみることをおすすめします。

 

また、効果が実感できてきた場合は続けることで ホットフラッシュ以外の様々な更年期特有の症状にも効果が期待できます。

 

 

基本のサプリで更年期のさまざまな症状対策

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

基本のサプリの大豆イソフラボンアグリコンには ホットフラッシュ以外に出やすい更年期特有の脱力感や不眠などにも効果が実感しやすいことで知られています。

 

更年期は女性ホルモンが急激に減少することで 自律神経が乱れやすくなります。

 

この自律神経は 交感神経、副交感神経のバランス調整をする役割もあります。

 

日中活動的な時間帯は交感神経が優位に、そして夜眠りにつく際には副交感神経が優位になる、といった具合に調整をしています。

 

ですが、この自律神経が乱れると 寝ようとする際に交感神経が優位になり寝つきにくくなる、といったアンバランスな状況になります。

 

基本のサプリは ホットフラッシュ対策に加えて、こういった自律神経の乱れなどからくる様々な更年期の症状にも効果が期待できるのです。

 

 

基本のサプリで更年期の中性脂肪対策

 

更年期というと急にコレステロール値が上がるなどの いわゆる「メタボ」が気になる時期としても知られています。

 

これは、更年期に女性ホルモンが減少することで代謝が低下することなどが原因。

 

大豆に含まれるイソフラボンには 女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、メタボ対策にも大事な役割を果たすことで注目されています。

 

低コレステロールの食事を心がけることに加えて、基本のサプリも活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

ホットフラッシュ対策に加えたいちょっとした工夫

 

基本のサプリ,ホットフラッシュ

 

基本のサプリの活用に加えて日常生活でできるちょっとしたホットフラッシュ対策についてご紹介しましょう。

 

 

体温調整しやすい服装を心がける

 

急に体がほてってきた際に はおりものなどで調整できる服装でいるのが望ましいでしょう。

 

また、汗をどっとかいた後はニオイなどが気になることがありますので ボディエチケットシートなども携帯するようにしましょう。

 

 

・冷感グッズなどを活用

 

体がほてりを感じる際に ひんやりタオルなどの いわゆる冷感グッズを首回りなどに活用してみましょう。

 

 

周囲にほてりやすいことを打ち明ける

 

家族や身近な人に 最近ほてりやすいということを思い切って伝えてみると 気分が楽になります。

 

公表してしまうことで周囲の理解が得やすくなりますし、誤解などされる心配もなくなります。

 

 

軽い運動で汗を出す習慣を持つ

 

運動習慣がホットフラッシュ改善に良いと言われています。

 

これにはいくつか理由があるでしょう。

 

定期的な運動で 全身からまんべんなく汗が出るようにしておくことで、汗が顔だけから出るということが予防できると考えられるため。

 

また、運動をすることで ほどよいストレス解消や気分転換にもなるため。

 

軽い運動習慣というのは ジムで運動プログラムに参加するだけでなく 軽く近所をランニングしたり、それこそウォーキングでも良いのです。

 

楽しめる範囲で定期的に体を動かすようにしましょう。

 

更年期は 加齢で体力なども落ちやすい時期です。全身のアンチエイジング対策も兼ねて ここで運動習慣を持つようにしてみてはいかがでしょうか?